railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

第3回浦和美園まつりに行ってきたよ

  • 2017年10月28日(土)に「第3回浦和美園まつり&花火大会」が開催されました。このイベントでは、さまざまな催し物が行われますが、鉄道ファン的な見どころとしては「車両基地見学会」と「駅構内会場」の2つになります。当日の浦和美園駅はお祭りムード一色!
    では、早速レポート開始です。

レッズ戦を見に行くのではありません

  • さすが『浦和レッズ』の本拠地。車両基地に行くには、埼玉スタジアム2002に向かう歩行者専用遊歩道(おまつり会場)を進みます。

いざ車両基地へ!

  • プレートの“高速鉄道”がかっこいいですね、速そう!
    ちなみに会場マップはこんな感じになっています。

Nゲージの運転体験をしよう!

  • まず、会場入口近くにあったのがNゲージのジオラマ。このコーナーでは、車載カメラ搭載車両で画面を見ながら本物のマスコンで操作・運転ができました。運転手さんは帽子を被って実物さながらのグレートな体験。しかし凄い時代になりましたね。

ママ、変わった電車があるよ!

  • 会場内には、夜間に線路などの点検をする「軌道モーターカー」や、駅・壁などに電車がぶつからずに走れるかを調べる「建築限界車」の展示がありました。

なにやらスゴイ行列が…

  • スゲーならんでる… なんだ? そう、この行列はモーターカー乗り場です! 人を乗せて車両基地内の数百メートルを往復移動します。貴重な体験なだけにみんな乗りたいよね! ちびっ子が口を揃えて「パパ!あれ乗りたいー」って言ってました。

くたばれ化け物!

  • 怪獣が現れた! なにやら浦和美園近辺で夜な夜な町を荒らしているという噂の「ハロウィン2104怪獣2017式」のようです。芋虫形状でいかにも強そう。ガリガリした強力な顎で簡単に噛み切られてしまうかも…。
    しかし、ちびっ子たちは強いんです! みんなで力を合わせて2本の触覚をグイグイ引っ張り、見事にやっつけてしまいました!
    「ん、何それ?」 実は、ちょっと凝った電車と綱引きコーナーなのです。ちびっ子たちに引っ張られている際、目(尾灯)がチカチカ点滅する演出が「ニクいねぇ三菱、じゃなくて埼玉高速鉄道!」
    ちなみにこの怪獣の総重量は160tぐらいあるそうです(豆)。

はい、バター!(チーズ)

  • 鉄道記念写真コーナーもありました。ちびっ子用の制服を着て電車の前で思い出写真が撮れちゃいます。小さな運転手さんはみんなかわいかったです。

いつの時代も入門はプラレールから

  • おなじみのプラレールコーナー。割と鉄道イベントではおなじみですが、このプラレールレイアウトは、1・2位を争う達人レベル。凄い! ちなみに各コーナーにはこんな達筆な看板が立っているのですが、何とも言えない味がありますね。

かっちょいいです

  • そして運転台体験コーナー。それにしても2000形かっこいいな! 筆者は大好きです。運転台の正面はまさに車両基地! ノッチを入れて走らせたくなっちゃいますね。

<< 前の記事:【駅チカ寿司】福島駅:うまか亭 福島駅ピボット店

次の記事:隅田川駅開業120周年貨物フェスティバルに行ってきたよ >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター