railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「えび千両ちらし」

JR東日本の駅弁No.1に輝き、TVや雑誌での掲載数々、絶賛する著名人も多数!

  • 名称:「えび千両ちらし」

    価格:1,300円(税込)

    販売駅:新潟駅 東京駅など

    入手場所:東京駅「駅弁屋 祭」

    販売元:(株)新発田三新軒

     

    項目

    内容

    ジャンル:

    寿司系

    味の濃さ:薄ー◆ーーー濃
    甘辛度:甘ー◆ーーー辛
    全体量:少ーー◆ーー多
    飽きにくさ:飽ーーー◆ー良
    コスパ:悪ー◆ーーー良
  • 言わずと知れた有名駅弁。数ある駅弁大会や人気投票でも1位を獲得するなど、非常に話題性の高い弁当である。

    新潟駅以外でも各地の駅弁大会や東京駅で入手可能ではあるが、販売数に限りがあるため、早い段階で売り切れとなる。食べたければ、午前中には手に入れておきたいところだ。

    価格は1,000円超えとリッチな弁当である。パッケージについては後述するが、取り外せる絵ハガキに水墨画風のイラストが描かれている。外装は紙製で弁当自体はプラ容器に収まっている。

では、さっそく外観からみていこう。

  • パッケージ左側面は無地だ。右側面には原材料名などの記載がある。原材料名は下記のとおり。

    ~原材料名~

    寿司飯(新潟県産米使用)、玉子焼き、うなぎ、いか、こはだ、えび、くるみ、甘酢生姜、とろろ昆布、干瓢、発酵調味料、還元澱粉化物、ぶどう糖果糖液糖、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素、紅麹色素、クチナシ色素)、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、甘味料(ステビア)、酸味料、香料、酒精、[原材料の一部に小麦、大豆、ゼラチン、さば含む]

  • 向こう正面、手前側ともに何も記載はなく同じ柄となっている。

  • 重さは実測値で497g、横幅は13cm程と小さめのサイズで狭いテーブルでも十分に食べることが可能だ。手で持ちながら食べても特に苦痛ではない。斜め掛けされた赤いゴム紐がアクセントとなり、しゃれた印象だ。

  • 奥行は20cm、高さは4.5cm程度。350mlのビール缶と比較するとその大きさが想像しやすいと思う。

  • 外装箱オモテ面の絵柄は、箱に直接プリントされたものではなく、絵葉書となっており、取り外すことができる。ウラ面はハガキそのものだ。切手さえ貼れば旅の知らせを大切な人に送ることもできる。

     

    しかし、今やEメールやSNSなどに押され、手紙は過去のものになりつつある。旅先からリアルタイムで写真や動画を送ることができる時代になってしまった今、この絵葉書をいつ、どのようなシチュエーションで送るのかという疑問は残る。

  • 蓋をあけると上面に品書きが記載されている。まるで懐石料理のようだ。一応、記載しておこう。

     

    「えび千両ちらし」おしながき

     

    すし飯…新潟米の精進合わせ

    うなぎ…蒲焼きのたれ仕込み

    こはだ…薄切り〆、わさび醤油からめ

    蒸し海老…酢通し醤油からめ

    いか…塩いかの一夜干し

    厚焼きたまご…出汁入り

    海老…むき海老のおぼろ

    ガリ…甘酢漬け

     

    株式会社新発田三新軒

     

     

    「こはだ」と「蒸し海老」の“醤油からめ”が被っている点が気になる。もう一工夫、味の変化が欲しいところだ。

  • ソース類は付いておらず「おてふき」と「割り箸」が蓋に留められている。箸袋は紙製でつまようじ入りだ。割り箸の長さは16.5cmと少々短い。弁当縦方向の長さに合わせた結果だとは思うが、手の大きな人にとっては、少々使いづらいだろう。箸の根本部分が若干だが変な割れ方をした点が悔やまれる。

  • 「おてふき」の袋はきれいに破れない。切れ目などが入っておらず、破った破片がバラバラになってしまうことがある。今後の改良に期待したい。

それでは、お弁当をみていこう。

  • 紙の外装を取り外すとこのようになる。透明のプラ蓋には、ワサオーロシートがついており、全体の抗菌作用を担っているようだ。蓋を開けると玉子の甘い香りと酢の香りが漂う。

    このお弁当について、よく知らないまま手にした人は、このあまりにも平凡な見た目に後悔すら感じるのではないだろうか。しかし、そこは「えび千両」である。名前のとおり千両箱なのだ。では、その千両箱を細かくみていこう。

<< 前の記事:山梨県立リニア見学センターでリニアモータカーが試験走行している様子を見学したり、リニアの仕組みを学習してみよう!

次の記事:【駅弁レビュー】「米沢名物 牛丼弁当 牛肉どまん中」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター