railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「極撰炭火焼き牛たん弁当」

ジューシーでホッカホカ! おなじみの仙台名物を駅弁に。

  • 名称:「極撰炭火焼き牛たん弁当」

    価格:1,350円(税込)

    販売駅:仙台駅 東京駅など

    入手場所:東京駅「駅弁屋 祭」

    販売元:株式会社こばやし

     

    項目

    内容

    ジャンル:

    肉系

    味の濃さ:薄ーー◆ーー濃
    甘辛度:甘ーー◆ーー辛
    全体量:少◆ーーーー多
    飽きにくさ:飽ー◆ーーー良
    コスパ:悪◆ーーーー良
  • 仙台名物といえば「牛たん」が思い浮かぶだろう。その牛たんを扱った弁当はいろいろあるが、その中で最も人気があるのがこの弁当だ。

     

    その人気の秘密といえば、やはり“ホカホカの弁当”が食べられるということ他ならない。今では、発熱ユニットを用いて温められる弁当は珍しいものではなくなったが、それでも商品数は少ない。温かい駅弁が食べられるというのは、この上ない喜びである。

     

    外装箱は、炭火で網焼きしている牛たんの写真に炭火職人のイラストが描かれているのだが、箸袋や留め紐、発熱ユニットの紐を止めるテープなどが邪魔しており、そのデザインや名称までも隠してしまっている。少々もったいない印象だ。外箱は、箱型の形状で弁当自体はプラ容器製となっている。

では、さっそく外観からみていこう。

  • パッケージ左側面には、弁当の特徴が記されている。こんな感じだ。

     

    -------------------------------------------

    旨味にこだわり、焼きにこだわり

     

    特製塩ダレで熟成させ、牛たんの旨味をより一層引き出しました。

    厚めにカットし一枚一枚、炭火で焼き上げた極撰炭火焼き牛たん弁当、

    宮城県産ひとめぼれを使用した麦めしと共に、仙台名物をご堪能ください。

    -------------------------------------------

  • 右側面には、原材料名や栄養成分表が記載されている。細かいことだが、この栄養成分表を掲載している弁当は意外に少ない。カロリーや糖質制限などをしている方にとって、大切な情報である。多くの弁当が記載してほしいものである。原材料と栄養成分については下記に記載しておく。
     

    ~原材料名~

    麦飯(うるち米(宮城県産ひとめぼれ使用)、麦)、牛たん焼、万来漬(胡瓜、大根、人参、その他)、花人参煮、七味唐辛子、調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳化剤、保存料(ポリリジン、安息香酸Na)、増粘剤(キタンサンガム)、紅花色素、甘味料(甘草)、ph調整剤、シリコーン、トレハロース、香料、(原材料の一部に乳、小麦、牛肉、ゴマ、大豆を含む)

     

    ~栄養成分~

    熱量:661kcal、たんぱく質:21.5g、脂質:24.1g、炭水化物:83.5g、ナトリウム:1172mg

  • 外装の向こう正面は弁当名、手前側は温め方についての記載がされている。

  • 重さは実測値で530g、縦・横幅は17cm、高さは7.5cm程である。正方形なので取り扱いには苦労しないが、紐や箸の影響で何段か平積みするとバランスが悪そうだ。

  • いつもの350ml缶との大きさ比較だ。手頃感が伝わるだろう。

  • 紐や外装を外した写真と付属品類の写真である。弁当のプラ蓋の上には七味唐辛子が乗っている。

    残念なことにこの弁当にはおしぼりがついていない。今後は付属を検討してほしい。

  • 箸袋は、紙製でつまようじ付きだ。割り箸の長さは18cmと長くはないが、使用するにあたっての不自由はない。箸の根本部分が変な割れ方をしてしまった。誰が割ってもきれいに割れる箸が理想的である。この点、今後の改良に期待したい。

次に発熱部分についてみていこう。

  • 弁当の下には、発熱ユニットが組み込まれており、ご覧のとおりになっている。ユニットの重さは、実測値で208gと全体重量の4割程度を占めている。ちなみにこの発熱ユニットは、30分程度温かさが持続するようだ。

     

    発熱ユニットの下には段ボールが敷かれ、下部に熱が伝わりにくくなっている。しかし、箱の注意書きには、膝やガラス、ビニールクロスの上において紐を引かないように記載されている。

    また、テーブル上で温める際も下に新聞紙などを敷くように促されている。実際のところ、テーブル上であれば、下に敷くものは不要だと思われる。

  • 飯部分の二重容器を取り外すと、相当な上げ底であることがわかるだろう。飯部分は直径13cmで高さは2.5cm程度しかないのだ。恐らく、誰もが「弁当部分はこれしかないの?」と落胆するのは間違いない。

     

    ちなみにこの弁当を購入した際は、発熱ユニットの注意事項を記載した紙も同封されるので、こちらもあわせて目を通しておこう。

さっそく温めてみよう。

  • 外装の手前側にある黄色い紐を一気に引き抜く。

    すると、その瞬間に「シュワー、ボコボコ…」とお湯が沸騰するような音と共に湯気が立ち上ってくる。まるで理科の実験をしているかのようだ。そして5~6分程度待つとホカホカ弁当の出来上がりである。

<< 前の記事:【鉄道撮影紀行】「SL 冬の湿原号」を撮影&乗車で堪能!

次の記事:【駅弁レビュー】「氏家かきめし」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター