railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「シウマイ弁当」

これぞ誰もが認める駅弁日本一!「やっぱり凄い」とただただ脱帽

  • 名称:「シウマイ弁当」

    価格:830円(税込)

    販売駅:横浜駅、神奈川・東京の主要駅やデパート など

    入手場所:神奈川某所

    販売元:株式会社 崎陽軒

     

    項目

    内容

    ジャンル:幕の内系
    味の濃さ:薄ーーー◆ー濃
    甘辛度:甘ーーー◆ー辛
    全体量:少ーーー◆ー多
    飽きにくさ:飽ーーーー◆良
    コスパ:悪ーーーー◆良
  • ♪おいしいシウマイ崎陽軒♪ そんな懐かしいCMを知っているのは、30代後半以降ぐらいであろうか。

    東京・神奈川に住んでいる(住んでいた)人であれば、今さら説明するまでもない超有名弁当である。実質的な駅弁の製造・販売数は恐らく日本一だろう。

     

    そもそも、この弁当は横浜駅の駅弁でありながらも、東京・神奈川近郊のデパートやあらゆる駅で販売しているため、横浜駅の駅弁というよりは、日常の弁当なのである。そして、時折り無性に食べたくなってしまうという不思議な魅力をもっているのだ。

     

    それにしても、掛け紙の龍と横浜の象徴となる建物を写した水晶玉のデザインが印象的だ。横浜三塔(キング、クィーン、ジャック)もしっかり入っている。

「シウマイ弁当」は2タイプが存在する!?

  • さて、この2枚の写真であるが何が違うのであろうか? そして、その具体的な違いとは? そんな質問を投げかければ、コアなファンであれば、誰でも一発で正解する単純な問題である。

    正解は、掛け紙・掛け紐のものが本社工場製(神奈川県横浜市西区高島)もしくは、横浜工場製(神奈川県横浜市都筑区川向町)で、紙蓋のものが東京工場製(東京都江東区大島)である。いずれも製法は変わらないと思うが、味が違うという人もいる。

    パッケージをよく見ると、掛け紙の場合、蒸気でふやけてシワシワになっており、水分が抜けているのだと思うが、紙蓋の場合、蒸気が逃げにくくなるため、それが味の違いになっているのではないかと推測される。

  • この掛け紙バージョンが本社工場製・横浜工場製。

  • ボール紙製の覆い蓋が東京工場製である。

  • 中を見比べてみよう。上もしくは左の写真が本社工場製、下もしくは右の写真が東京工場製である。おかずのつまり具合や、飯の8等分線、黒胡麻のまとまり具合、小梅の位置などで本社工場製の方が美味しそうに見えるが、ロットや製造スタッフのバラつきによる可能性があるので、何とも言えない。

    ただ、今回入手したものに関していえば、明らかに本社工場製の方が見た目がきれいだったのは間違いない。

    当記事では本社工場製についてのレビューとなる。

では、外観からチェックしていこう

  • パッケージ左側面は、消費期限やバーコード記載である。ちなみにこのシウマイ弁当は、とても消費期限が短い。午前中に買って「夜中に食べよう」というのは通用しない。おおよそ8時間程度の消費期限になっているようだ。添加物少なめという証でもあろう。

  • 右側面には、原材料名が記載されている。ちなみに崎陽軒のウェブサイトによるとカロリーは732kcalだそうだ。意外にヘルシーである。

     

    ~原材料名~

    ご飯、シウマイ、筍煮、鮪の照り焼き、鶏唐揚げ、蒲鉾、玉子焼き、あんず、付合せ、醤油、辛子、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、コチニール、野菜色素)、ソルビトール、漂白剤(二酸化イオウ)、酸味料

    (原材料の一部に卵、乳成分、小麦を含む)

  • 向こう正面は掛け紐の結び目がある。

  • 手前側は見ての通りだ。

では、大きさをみていこう。

  • 重さは実測値で488gだ。

  • 350ml缶との大きさ比較である。実測値で縦幅は20cm、横幅は14.8cm、高さ3.5cmであった。列車の小さなテーブルでも問題なく食べることができるサイズだ。

  • 外装写真と付属品類の写真である。シウマイ弁当は蓋と底面に経木(きょうぎ)という木を薄く削ったものを使用している。この経木の厚さはおよそ0.8mmほどだ。蓋に至っては、経木の上に掛け紙が被せてあるだけなので、製造時の蒸気が抜け、掛け紙はシワシワで見た目が悪い。掛け紐の長さは、ちょうど100cmだった。

  • さすがは崎陽軒! 食べる人の気持ちを考えており、おてふきは当然付属している。おてふきと箸を入れているビニール袋はポケット構造になっており、おてふきのみ、外のポケット部分に入っているという非常に凝った作りだ。これには感動する。

  • 箸袋は紙製である。爪楊枝も付属しているが、箸袋にインされているのではなく、別添えになっている。「さすが!」と思わず関心する。箸の長さは18cmで気持ち短めだ。おてふきは十分なサイズ感だ。

     

    ただ、一つ残念なのは、箸の品質が最悪である。変な割れ方をするし、おまけに食べている最中に手にトゲが刺さった。ここまで粗悪な箸も珍しい。昔よくやったように最初に箸と箸をこすり合わせてささくれを取らないといけないダメ箸なのである。他の品質が高いだけに何とも残念だ。

<< 前の記事:さようなら大阪市営地下鉄! 消滅が予想されるサインを追う

次の記事:【岡安レポート】「お伊勢参り」ならぬ「お北勢参り」「あすなろう参り」ブーム??!! >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター