railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

蘇ったノンストップ特急、京阪「洛楽」で一路、京都へ

  • 今回は大阪の淀屋橋から京都の出町柳を結ぶ、京阪電車の「洛楽」を取り上げます。「洛楽」は何と大阪の京橋から京都の七条までノンストップ! 時間に直すと、約35分間、どの駅にも止まらずに走り続けます。なお、関東私鉄の座席指定列車のような特別料金はいりません!

    京阪本線の始発駅、淀屋橋駅から「洛楽」の旅がはじまります。「洛楽」は快速特急にカテゴライズされる列車。このように、特急よりも上位に位置づけられています。「洛楽」は特急が停車する枚方市駅、樟葉駅、中書島駅、丹波橋駅には止まりません。なお「洛楽」は淀屋橋~祇園四条間を45分、淀屋橋~出町柳間を50分で結びます。特急と比べると4分ほど早いです。

  • 「洛楽」で気をつけたいのは本数が少ないこと。平日は2往復、土休日は5往復しか設定されていません。なお、「洛楽」のダイヤは京阪のホームページに掲載されています。「洛楽」の発車3分後に急行列車が運転されるのも注目したいところ。この急行列車は「洛楽」を補完する役割を果たしています。

  • 「洛楽」は3000系が担当します。3000系は2008年、中之島線の開業に合わせて快速急行用の車両として誕生しました。2017年8月から前面デザインが変更され「洛楽」の文字が入るようになりました。

  • 「洛楽」の車内は1列+2列のクロスシートになっています。特急で使われる8000系ほど豪華ではありませんが、50分の旅ですと十分な設備でしょう。

  • これが3000系の2人用シート。厚みがあり、しっかりと背中を支えてくれます。京阪のクロスシートは本当にレベルが高いと思います。

  • ドア上に車内案内表示機があります。「洛楽」はノンストップ特急なので、ほとんどの駅が薄字の通過になっています。

  • さて、3000系の特徴は座りながら前面展望が楽しめること。「洛楽」はJR大阪環状線、学研都市線、東西線の接続駅である京橋駅に入線しました。ここで、多くの客が乗り込みます。とは言っても、全席の7~8割程度が埋まる感じでした。

  • 京橋駅から萱島駅まで複々線区間に入ります。「洛楽」をはじめとする優等列車は基本的に中線、普通は外線を走ります。「洛楽」は9000系普通列車を軽々と追い抜きました。

  • 京阪は駅間距離が短いことで知られています。「洛楽」は土居駅を通過。土居駅と滝井駅は400mほどしか離れていません。こうして見ると、ホームの先端から隣駅に声が届くような気がしますね。

  • 3000系、特急淀屋橋行きとすれ違います。京阪は昔から特急には鳩マークが取り付けられています。3000系も京阪特急の伝統をしっかりと継承。鳩マークが本当に凛々しいですね。

<< 前の記事:【トレインビュールーム】ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

次の記事:インパクト抜群! 叡山電鉄「ひえい」を徹底分析! >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター