railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【鉄道撮影紀行】「SL人吉」 ~SLに乗って桜を満喫~

  • 日本の春を代表する花、桜。

    今回の舞台は、日本の中で、最も早く桜の中を疾走する、JR九州・肥薩線の「SL人吉」です。

    通称「川線」とも呼ばれる肥薩線ですが、特に八代駅~渡駅間では、熊本を代表する河川・球磨川と並行して線路が続いており、春になると桜の花が随所で咲き誇ります。

    また、「SL人吉」は他のSL路線と比べて、停車時間が長い駅が多いことも特徴。

    今回は、往路・復路共に乗り鉄情報をリポートすると共に、停車中でも撮影できるスポットを紹介していきたいと思います。

【SL登場~出発まで】

  • 今回の旅の起点は、熊本県のターミナル駅である熊本駅。

    9時30分頃、SLと客車をけん引したDL・DE10形が入線してきました。

  • 発車を待つSL 8620形(通称ハチロク)58654号機。

    国産初の旅客用SLであり、本機は435番目に製造されました。製造は大正11年(1922年)で、日本各地を走るSLの中では最長寿の車両です。

    発車までの間、最初の撮影タイムです。

  • 客車は3両編成。

    先頭車両と最後尾車両の車端には、ガラス張りの展望スペースが確保されています。真ん中には、子供用のかわいい木製椅子も。

  • 開店前の2号車カフェ。

    プラレールをはじめ、商品が所狭しと積み上げられています。

【人吉へ向けて出発!】

  • 9時45分、8620形独特の甲高い汽笛を合図に、定刻通りに熊本駅を発車しました。

    新八代駅での短時間停車を経て、10時30分に八代駅到着。36分の発車まで撮影タイムを楽しめます。

  • 八代駅発車後、まずは進行方向右手側に球磨川が見えてきます。

  • だんだんと山深くなってきました。

    球磨川の色は、山の緑を映したかのようなエメラルドグリーンです!

  • 坂本駅での短時間停車の後、列車は球磨川第一橋梁を通過します。

    球磨川第一橋梁を通過後、今度は進行方向左手側に球磨川が見えます。

【木造駅舎と桜、そしてSL】

  • 11時18分、白石駅に到着です。

    ここでは23分の発車まで、5分間の停車時間があります。

    まずはSL降車側ホームから撮影。

  • SL前方の線路を渡り、反対側ホームから撮影。

    車両後方の桜とセットで撮ることができます。

  • 白石駅には、明治時代からの木造駅舎がそのまま現存しています。

    ノスタルジックな雰囲気を味わえることでしょう。

  • 白石駅発車後、今度は11時38分に一勝地駅に到着し、48分まで10分間停車します。

    白石駅と同じく、下車側ホームからの撮影の他、反対側ホームからの撮影も可能です。

  • こちらもレトロ感が漂う木造駅舎です。

    なお一勝地駅では、その名前にあやかり、「まずは一勝を」という意味での必勝祈願のお守りを購入できます。

【人吉駅到着】

  • 一勝地駅出発後は、渡駅での短時間停車を経て、12時9分に終点・人吉駅に到着します。

    なお、途中の西人吉駅付近には、進行方向左側に線路に沿って桜並木があり、SLが桜の中を疾走する姿を撮影できる、全国的に有名な撮影地があります。

  • 人吉駅では、整備のために機関車庫へ移動するまで、およそ20分間停車します。

    そのため、あらゆる角度からの撮影を満喫することができます。

  • 12時30分頃、SLは整備のため、客車と共に一旦人吉駅を離れ、バック運転で車庫に向かいます。

    その際、駅のホーム端から撮影。国内唯一の現役石造車庫と共にモノクロで撮影。往年を彷彿させる写真となりました。

  • 機関車庫にて、石炭補充及び整備を行い、復路に備えます。

    雰囲気を出すため、ここもモノクロで撮影。

<< 前の記事:昭和の小学校教室みたいな車両、叡山電鉄「ノスタルジック731」

次の記事:昭和レトロがたまらない! 千葉県・流鉄の魅力 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター