railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

どちらが便利? 羽田空港をめぐる京急、東京モノレールの争い

東京都心へ一直線がウリの京急

  • まずは羽田空港から東京都心を目指します。京急の国内線ターミナル側の駅、羽田空港国内線ターミナル駅は東京モノレールよりも少し離れています。「離れている」といっても、5分~10分くらいの違いですが。

  • 京急で注意したいのは行先ですね。東京都心へは「新逗子行き」以外の列車に乗りましょう。「新逗子行き」は横浜方面へいきます。さらに注意したいのは「快特」表示の色! 緑色の「快特」は都営浅草線内の各駅に止まりますが、赤色の「快特」は都営浅草線内に通過駅があります。

  • 京急のウリは都心へ乗り換えなしで行けること。都営浅草線を経由して、成田空港方面へ乗り入れます。また、横浜方面へのアクセスも快適です。

  • 京急は東京都心へ一直線で便利な印象があります。ただし、朝・夕ラッシュ時は気をつけたいところ。この時間帯になると、京急蒲田駅まで各駅に止まる「急行」が大半を占めます。「快特」ですと品川~羽田空港国内線ターミナル間は16分ですが、「急行」は22分(夕方)かかります。日中以外の時間帯において、羽田空港から京急を利用する場合は時間に余裕を持たせることが大切です。

  • さて、こちらはおなじみの京急電車、1000系です。京急の車両を知らない方でも前面に「1000」と書かれているので、すぐに判別できます。

  • 羽田空港に乗り入れる600系と1000系の一部には車端部にボックスシートがあります。このボックスシートは狙い目! 京急の車両が来たら、ボックスシートを狙ってみましょう。ただし、ほとんどの座席はロングシートです。荷物が多い場合は厳しいかもしれません。

  • 私は「快特」印旛日本医大行きに乗りました。車両は北総電鉄7300系です。いろいろな車両に乗れるのも、京急の魅力ですね。

  • 20分ばかりで三田駅に到着。三田駅から都営三田線に乗り、大手町へ向かいました。乗り換え1回で大手町にアクセスできるので、本当に助かります。

羽田空港ビギナー、荷物が多い場合は東京モノレール

  • 次は浜松町駅と羽田空港を結ぶ東京モノレールです。浜松町駅へはJR山手線、京浜東北線を利用します。なお、乗換にはエスカレーターが近くにある10号車が便利です。

  • 3月17日からJRからモノレールへ同一フロアで乗り換えができるようになりました。奥に見えるのがJR・モノレール乗換専用改札です。

<< 前の記事:昭和レトロがたまらない! 千葉県・流鉄の魅力

次の記事:【駅弁レビュー】東京 阿佐ヶ谷SATOブリアン監修「ウニのせ焼肉弁当」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター