railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】東京 阿佐ヶ谷SATOブリアン監修「ウニのせ焼肉弁当」

駅弁を超えた! これぞ有名店監修の駅弁決定版!

  • 価格:1,880円(税込)

    販売駅:東京駅、新宿駅

    入手場所:東京駅「駅弁屋 祭」

    販売元:株式会社 吉田屋

     

    項目

    内容

    ジャンル:

    肉系

    味の濃さ:薄ーーー◆ー濃
    甘辛度:甘ーーー◆ー辛
    全体量:少ーーー◆ー多
    飽きにくさ:飽ーーーー◆良
    コスパ:悪ー◆ーーー良
  • 東京 阿佐ヶ谷の超有名焼肉店「SATOブリアン」が監修し、メディア等で話題なのがこの弁当である。

    製造・販売は、青森にある創業明治二十五年の老舗弁当店「吉田屋」だ。

     

    価格も内容も十分な意気込みを感じさせるもので、他の駅弁を研究して販売に至ったというのが伝わってくる。赤と黒を基調とした食欲をそそる色配置、遠目から見ると金文字風で豪華さを感じる弁当名表記、半分だけ見せる弁当写真などデザイン性も高い。

     

    外装はトンネル型のボール紙に覆われ、それをスライドして外すと弁当の中身が見えてくる。弁当の蓋は透明のプラ製となっており、具材が押しつぶされないように高さがあるものとなっている。

    弁当容器は、二重構造のプラ容器で、外側は塗り物風の黒い容器、内側は朱色の容器となっており、見た目が豪華で重箱のようだ。恐らく同社の「こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当」と同じものを使用していると推測される。

では、さっそく外観からチェックしていこう!

  • パッケージ左側面は、原材料名やバーコード記載である。原材料は下記に記載しておく。

     

    ~原材料名~

    白飯(国産米使用)、味付け和牛焼肉、味付け和牛すき焼き、味付け蒸しうに塩バター味、キムチ、きゅうり漬物、厚焼玉子、にんにくチップ、白ごま/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素)、保存料(安息香酸Na)、甘味料(ステビア、甘草、アセスルファムK)、ビタミンB1、トレハロース、酒精、酢酸Na、ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、ph調整剤、増粘剤(キタンサンガム、加工澱粉)、グリシン

    (一部に牛、小麦、大豆、乳、ゼラチン、鯖、ごま、えび、魚介類、あわび、卵を含む)

  • 右側面には、商品名の英語標記だ。「WAGYU BEEF」という文字を読んだ外国人が迷わず手に取りそうである。

  • 向こう正面及び手前側は、ほぼ同じ見た目だ。

  • パッケージの裏面はこのように原材料名シールがまわりこんで貼られている。

では、大きさをみていこう!

  • 重さは実測値で398gだ。

  • 続いて、350ml缶との大きさ比較である。実測値で縦幅は20.4cm、横幅は10.8cm、高さは5.5

    cmであった。列車の小さなテーブルでも問題なく食べることができるサイズだ。

  • 外装写真と付属品類の写真である。残念なのはこれほどの価格なのに、おてふきが付属していないのだ。是非とも付属を検討していただきたい。

  • 箸袋はビニール製で高級感はいまひとつだ。箸袋内には、爪楊枝が同封されている。箸の長さは20.3cmと十分な長さがあり、気持ちよく箸を進めることができるだろう。

では、弁当の中身をみていこう!

  • 透明蓋を外すと、さらに透明なフィルムが被せられ、具材が蓋に付着するのを防いでいる。そのフィルムをはがすと弁当とのご対面だ。

     

    蓋をあけると、ドレッシングのような香りとガーリック臭があたり一面に漂う。

    故に列車内で食べると“匂いテロ”になりかねないので十分な注意が必要だ。しかし、そんなタブーに挑戦したという試みは応援したい。人によっては“匂いテロ”になるが、食べる当人にとっては、至福の時間になるだろう。

    香りを嗅いでいるだけで口の中は唾液の洪水である。とにかく美味そうな香りが鼻をくすぐる。

  • 見てのとおり、彩りは抜群で目で楽しむことができる。

    飯部分の6割程度に「味付け和牛すき焼き」がのせられ、白ごまが散らされている。その上に黄金色の「味付け蒸しウニ塩バター味」。残り4割程度には「味付け和牛焼肉」がのせられ、肉の上には、にんにくチップがあしらってある。

    付け合せ部分は「厚焼玉子」、プラケースにおさまった「キムチ」「きゅうり漬物」という構成である。

  • 見よ、このビジュアル。この破壊力は凄まじい!

  • 牛肉嫌いでなければ、誰もが秒殺だ。冷めているにも関わらず、油の照り具合が素晴らしい!

<< 前の記事:昭和レトロがたまらない! 千葉県・流鉄の魅力

次の記事:【岡安レポート】KANSAI CLASSIC レールウェイシリーズ >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター