railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

みさきまぐろきっぷを楽しむための6つのポイント

  • 皆さんは京急の「みさきまぐろきっぷ」をご存知ですか?これ、実はとてつもなくお得な切符なんです。
    先にどれだけお得か解説しておきます。

    例えば品川 駅から京急油壺マリンパークに遊びに行こうとすると
    • 品川駅⇔京急⇔三崎口駅 片道926円×往復=1,852円
    • 三崎口⇔バス⇔京急油壺マリンパーク 
     片道270円×往復=540円
    • 油壺マリンパーク入園料 1,700円
    • 合計 4,092円
    掛かるのですが、「みさきまぐろきっぷ」 を利用すると、

  • 上記区間のフリー乗車券と油壺マリンパーク入園券と、さらに三崎エリアのレストランでランチをいただけるチケットがついてなんと3,060円!!!(子ども料金は2,310円) つまりランチが1,500円程度だとすると、なんと45%引きで楽しめるわけです。
    というわけで、 実際にご家族で楽しむためのポイントを何点か紹介いたします。

●ポイント1:泉岳寺始発の快速特急を狙いましょう。

  • 京浜急行は休日ダイヤの場合、京成線の高砂駅始発で、都営浅草線を経由して品川にくる快速特急と、品川のお隣の泉岳寺駅始発の快速特急がありますが、泉岳寺始発だとほぼ 座ることができます。

  • 三崎口までは約1時間。座っていくのと立ったままではその後の疲れ具合が違います。ちなみに今回は品川でほぼ満席、蒲田では立客が多くなり、横浜では降りる方も多いですが乗る方も多く混雑度合いは変わらず、堀の内付近でようやく空席が目立つようになりました。

●ポイント2:乗るべきは絶対に2100系。

  • そして泉岳寺始発の快速特急に乗るもう一つのオススメポイントは2100系という車両に遭遇する確率が高いということ。

  • この車両、特急料金無しでこういったクロスシートの車両に乗ることができます。車端には4名掛けのボックスシートが2つあったり、

  • 頭車両には「かぶりつき」で前方の景色が楽しめる席もあります。 鉄道好きのお子さまでしたらこちらの席をオススメします。

  • なぜ泉岳寺始発じゃないと2100系に乗れないかと言うと浅草線では2ドアのクロスシート車両の乗り入れを認めてないから。なので高砂から出る快速特急はロングシートの車両がメインになります。

  • せっかくですから旅行気分を味わうためにも2100系を狙っていきましょう。 ちなみに泉岳寺の時刻表では2Dと書いてあるダイヤが2100系の運行ダイヤになります。

●ポイント3:10時30分までに御崎口駅もしくは三浦海岸駅に到着する電車 がおすすめ

  • 10時30分までに到着する電車に乗るとランチ場所に11時前に着くことができて待ち時間がなくゆっくり食事を楽しむことができます。

  • ですが、11時を過ぎると週末は人気店だとこうして待ち時間ができてしまいます。

  • ちいさなお子様をおもちのファミリーでしたら、待ち時間がなく楽しめる10時30分までに到着する電車に乗ることをオススメいたします。ちなみに今回は三浦海岸 駅近くの「海鮮」 というお店を利用させていただきました。

  • こちらのランチセット、絶品でございます。さらに発泡酒かソフトドリンク1杯ついてきます。
    もちろん追加オーダーも可能ですし、お子さまにも同じ量(もちろんさび抜き可)がでてくるので、お腹一杯楽しめますよ。

  • また、駅の改札口付近やスマートフォンでも混雑状況が確認できますのでそちらも要チェックですね。

●ポイント4:油壺マリンパークに行くならランチは三浦海岸エリアがおすすめ。

  • 三崎港エリアに行ってしまうとそこから油壺エリアに行くには直通バスの本数がとても少なく、一度三崎口駅に戻ってから油壺行きのバスに乗る必要があります。

  • 三浦海岸で食事を済ませるとそのまま一駅電車に乗って三崎口駅に着きますのでそこからバスの移動も便利です。

<< 前の記事:この夏は茂辺地 北斗星広場に遊びに行こう!

次の記事:京都鉄道博物館体験レポート >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター