railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

東京駅オススメ駅弁食べ比べレポート。1番人気は意外にもあの駅弁でした!

  • 行楽や出張、家族旅行で東京駅を利用する方も多いと思います。その行程を楽しいものにするのが「駅弁」であります。今回はそんな「駅弁」にスポットを当てて、実際に購入して食べ比べしてみました!

    今回購入したお店は東京駅のコンコースにある「駅弁屋 祭」であります。

     

  • 今回購入した駅弁はこちらの8種類。

  • それをモニターとして参加いただいた皆さまで一緒に試食いたします。それでは早速その結果をレポート。

●牛肉対決編

  • まずはみんな大好き牛肉弁当対決。

  • 今回チョイスしたのは「黒毛和牛三昧」(1,300円)と、

  • 「すき焼牛肉重弁当」(1,150円)。こちらは「すき焼牛肉重弁当」がお気に入りという方が多数。

●うに対決

  • 続いてうに対決であります。

  • 今回は「平泉金色うにめし」(1,600円)と、

  • 「黄金うにと数の子いくらがけ弁当」(1,350円)。この対決は「平泉金色うにめし」に軍配。

●牛タン対決

  • そしてヒモを引くと温かくなって食べることができるホット駅弁対決。

  • 今回は「伯養軒の牛たん弁当」(1,080円)と、

  • 「極炭火焼牛たん弁当」(1,350円)。タンの厚さが好評で「極炭火焼牛たん弁当」に軍配。

●海鮮対決

  • そして大トリの対決は海鮮編。

  • 今回は「ぶりかまステーキ」(1,100円)と、「厚岸かきめし弁当」(1,080円)。実はこの2品は全体を通して1番人気と2番人気でありました。その中でもダントツの1番人気は「ぶりかまステーキ」。試食に参加した皆さんからも、

    「こんなにぶりかまがおいしく駅弁でいただけるなんて」

    「これはお酒も美味しく飲めそう」

    など高評価でございました。

    このシリーズ、定期的に開催してレポートしようと思います。

    というわけでよい「鉄分」を!

    次回は子どもに大人気、「新幹線駅弁」編でございます。

    ※感想はあくまでも今回参加いただいたモニターの皆さんの感想でございます。どの駅弁も美味しくいただきました。

    ▶フェイスブックでシェアする

<< 前の記事:「ホリデー快速ビューやまなし号」はグリーン車の偶数番席をおすすめする理由

次の記事: 今からでもまだ間に合う!「「ポケモンスタンプラリー2017」を1日で制覇する方法 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター