railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

子どもに大人気!新幹線型駅弁でオススメなのはこまち号、はやぶさ号、かがやき号

  • 子どもに大人気の新幹線の形の容器に入った駅弁。

    たくさんの種類があってどれを選んでよいか迷ってしまいます。

    今回は東京駅の駅弁屋 祭で販売されている新幹線型駅弁を全てかって中身もチェックしてみました。

  • 今回購入した商品は左から

    「W7系北陸新幹線弁当」

    「つばさ弁当」

    「こまちランチ」

    「新幹線E7系弁当」

    「E5系はやぶさ弁当」

    「923系ドクター弁当」

    そのほかに別日に

    「H5系北海道新幹線はやぶさ弁当」と「夢の超特急0系新幹線弁当」も購入し、合わせて8種類であります。

●中身チェック編。

  • チキンライスが好きなお子さまでしたら、「つばさ弁当」か、「E5系はやぶさ弁当」がおすすめ。

     

  • ちなみに新函館北斗駅で購入した、「H5系北海道新幹線はやぶさ弁当」もチキンライスでありました。

  • E6系をモチーフにした「こまちランチ」は鳥そぼろご飯、

  • 「923系ドクター弁当」は、ドクターイエローの塗装と合わせてサフランライスであります。

  • そして北陸新幹線対決。「新幹線E7系弁当」はおにぎり、「W7系北陸新幹線弁当」は子どもらしからぬ?すき焼き丼でありました。

  • そして別日に買った、「夢の超特急0系新幹線弁当」はきのこピラフでありました。

●容器チェック編。

  • 続いて容器チェック編。実は子どもにとって、こういった新幹線弁当を買う場合に、味と同等かそれ以上に大切なポイントが「外観」であります。この容器は大半の子ども達が少なくとも旅先や自宅までは持って帰ることでしょう。

    その際に、

    ・食べ終わった後にそのまますぐに遊ぶことができるか

    というのも大きなポイント。

  • というわけで改めてみてみると、「923系ドクター弁当」だけ陶器で出来ています。そこそこの重量もあり、小さなお子さまがそのまま遊ぶのは難しいかも。

  • で、残りのプラスチック製の容器のなかでのオススメは写真中央の、「こまち」「かがやき」「はやぶさ」になります。

    この3種類の容器と他の容器の大きな違いは、

    ・ふたの部分と器の部分がきちんとはまって固定される

    ということ。ちいさなお子様だと振り回しているうちに底だけが飛んでいったりしてしまうことが少なくなります。

    ちなみに、「H5系北海道新幹線はやぶさ弁当」もちゃんと固定されるタイプです。

<< 前の記事: 今からでもまだ間に合う!「「ポケモンスタンプラリー2017」を1日で制覇する方法

次の記事:山梨リニア実験線でリニアモーターカー(超電導リニア)に体験乗車してきたお話。 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター