railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

叡山電車の「きらら電車」を楽しむための4つのポイント。

  • さて、叡山電車(叡電)の人気電車といえば展望列車「きらら」であります。

  • 紅葉をはじめとした車窓をたくさん楽しむべく、外観はガラス面を多くとっているのが特徴です。さっそくお楽しみポイントをレポートしていきましょう。

●ポイント1:車窓を楽しむなら鞍馬に向かって進行方向右側がおすすめ。

  • 社内はこんな感じ。片側は1名席、もう片方は2名席と、中央には窓に向かってペアシートがあります。これは鞍馬駅で出町柳駅に向かう方向に向けて撮ったのですが、1両目と2両目では1名掛けシートと2名掛けシートの位置が入れ替わります。

  • なので、鞍馬駅に向かって右側、出町柳に帰るときは左側と覚えておくと良いかもしれません。どのくらい違うかというと、鞍馬駅に向かって右側の車窓は開けた景色と沿線に沿って流れる鞍馬川が楽しめますが、

  • 反対側は斜面がすぐそばまでせまっているので、紅葉や新緑を間近で楽しむことは出来ますが俯瞰して楽しみたい方にはあまりオススメしません。

●ポイント2:ハイシーズンであれば20分前には出町柳に着いておこう。

  • 今回は紅葉のシーズンの前でしたが、それでも出発前にはホームは大賑わい。

  • 車内も立って乗車になります。特に小さなお子さまがご一緒ですと鞍馬・貴船のハイキングの前に体力が消耗してしまいます。ですので時間に余裕を持ってお越しになることをおすすめいたします。

●ポイント3:立って乗車するのであれば「かぶりつき」を楽しもう!

  • 展望列車「きらら」はシートはもちろんですが、人気電車ゆえ、実は立って乗車するスペースもしっかり確保されております。

  • ちょっとしたリュックや荷物を置けるようになっていますので、身軽な状態で景色を楽しむことができる配慮された設計。

  • その中でも1番人気はやはり先頭車両の運転席の前。

<< 前の記事:【女子旅】「鞍馬・貴船散策チケット」を使ってのんびりハイキングの旅

次の記事:鞍馬・貴船のハイキングルートは鞍馬側から上ることをオススメする5つの理由。 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター