railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

多摩モノまつり2017に行ってきたよ

  • 2017年11月18日(土)に東京都立川市にある「多摩モノレール車両基地」にて「多摩モノまつり2017」が開催されました。当日は、薄曇りで時折雨がパラつく中、多くの家族連れが訪れていました。それでは早速レポート!

最寄り駅は高松です

  • 多摩モノレール車両基地は、高松駅と立飛駅の間の分岐を500mほど進んだところにあります。モノレールの分岐ってモニュメントのようで美しいよね!

会場到着!

  • 会場マップはこんな感じです(PCの場合はクリックすると拡大できます)。

ちびっ子がたくさん

  • 会場に入ると、すぐに目についたのが待ち時間表示。さすがに運転台撮影会は大人気でした。

へぃ、グッズだぜ

  • 会場入り口近くは物販コーナー。多摩モノレール、小田急、西武がグッズ販売を行っていました。西武も小田急も株主だもんね。(なぜ京王だけブースがないのら… お主も株主だろうに)

モノレールさん、こんにちわ

  • 会場を進むと顔を出している車両を発見! 横に描かれている(ラッピング)キリンさんが印象的です。

これが検修庫だ!

  • そして、建屋内部に足を進めると…。1000系の車両が切り離され、丸見えの恥ずかしい姿になっていました。今さらですが、東武50000系とカラーリングや質感が似てるね…。

  • 工場内は、パネル展示や車内案内表示板デモなど、多摩モノレールのすべてわかってしまう構成になっていました。
    来年の夏こそはビール列車乗りたいな…。

  • 車両基地で活躍するフォークリフトやモノレールのタイヤなども間近で見ることができました。モノレールのタイヤって大きいですね。ちなみにブリヂストン製でした。

  • このディスクブレーキはパイオニア台車を彷彿させますね。
    さすが工場内は隅々まで整理整頓が行き届いています。

<< 前の記事:【鉄道のあるホテル】アパホテル札幌すすきの駅西 トレインビュールーム体験

次の記事:快速エアポート:大谷選手ラッピングトレイン体験レポート >>

フェイスブック
ページトップ