railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

五能線「リゾートしらかみ」の旅を楽しむための10のポイント

●ポイント1:青森駅での列車全景撮影は5分間の貴重な時間。

  • 8時10分に出発する「リゾートしらかみ2号」の入線時刻は7時50分頃。ここでまずは5番線6番線ホームに行きましょう。このように列車全景を撮ることができるのはこちらのホームに列車が入線してくる7時55分頃まで。

  • これ以降は「リゾートしらかみ」の出発までホームが開くことがありません。

  • 連絡通路から見るとこんな感じですな。

    なので、青森駅で撮影する場合はまずは向かいのホームで撮影をしてから乗車することをオススメします。

●ポイント2:「五能線フリーパス」は必須アイテム。

  • これは

    五能線「リゾートしらかみ」の旅 前編

    でも書きましたが、五能線経由で青森から秋田に乗ると乗車券だけで4,430円ですが、「五能線フリーパス」を買うと3,810円。さらに有効期間も2日間あるので、2日に分けて楽しむ場合にも利用可能です。

●ポイント3:津軽三味線の生演奏をじっくり聞くなら五所川原駅に到着次第すぐに移動

  • 1号、2号、3号では「津軽三味線の生演奏」を楽しむことができますが、大人気のため、車内放送で案内があってから移動をしても、

  • 先頭車両はこんな感じで演者の姿も見ることが出来ません。なので早めに移動しておくことが肝要です。

    ただ、演奏音だけでもよい場合はこの写真の位置からでも楽しむことができますよ。

●ポイント4:千畳敷駅で海辺の岩場散策に出かけよう!

  • 2号、3号、4号では千畳敷駅に15分ほど停車いたします。

  • ここでは岩場を歩いて海のすぐ近くまで行くことも出来ます。

  • 海を背景に立つ、太宰治の文学碑も必見ですよ。そして3分前になるとしらかみが汽笛でお知らせしてくれます。それを合図に皆さん列車に戻ることができるわけです。

<< 前の記事:五能線「リゾートしらかみ」の旅 後編

次の記事:【発表】2017年人気記事ランキング! >>

フェイスブック
ページトップ
ツイッター