railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【どっちを選ぶ?】大阪と名古屋の移動は新幹線派?近鉄特急派?

  • さて、大阪と名古屋を移動する場合は圧倒的に新幹線利用がおおいかと思います。

    ですが、近鉄特急もその料金や快適性の面で人気が有ります。

    というわけで実際に体験するために近鉄難波駅にいそいそと。

●価格比較:圧倒的に近鉄特急に軍配

  • で、実際に比較したときに圧倒的な利点はやはり価格であります。

    新幹線のぞみ号の普通車指定席だと、6,560円

    ですが、

    近鉄特急だと、写真の通り4,260円。約3分の2ですね。

     

      

     

●所要時間比較:新幹線に軍配

  • 新大阪と名古屋間は「のぞみ」だと約50分。一方の近鉄特急だと約130分前後。一時間以上の開きがあります。

●快適性:コスパがよいのは近鉄特急のデラックスシート

  • 一方快適性ではどちらも甲乙つけがたいのですが、コスパ的にはプラス510円で乗車できる近鉄特急をオススメします。

    のぞみのグリーン車は8,790円ですが、こちらのDXシートは4,770円!

  • さらに車内は2列+1列の3列シートというゆったり配席。

  • 普通席の2列+2列の配席とくらべてもたったの510円でこれだけの差があるんです。

  • さらにデラックスシートですと、読書灯やヘッドレストもついております。

●鉄ちゃん目線:近鉄特急でかぶりつきがオススメです!

  • そして次の比較項目は「鉄ちゃん目線」。これはなんといっても近鉄特急のかぶりつきがオススメです。

     

  • ちなみに、最大のポイントは小田急のロマンスカー等と違い、かぶりつきを楽しむためには

    • 通路で立って見る

    ということ。

    そうなんです。運転席と客席の間は乗降口なんです。写真でいうと右手が運転席、左手がデラックスシート車両になります。

    さらに、列車によっては大和八木駅のあとは津駅まで約1時間ノンストップで走り続ける場合もあるので、通路で楽しんでいても他のお客様に迷惑が掛からないのもポイント。

  • 実際にかぶりつきで見た車窓。すごい迫力ですよねー!

<< 前の記事:【駅チカ寿司】京都駅その2:京漬物味わい処 西利 The CUBE

次の記事:【鉄道のあるホテル】エトスイン博多 トレインビュールーム体験 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター