railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

山梨県立リニア見学センターでリニアモータカーが試験走行している様子を見学したり、リニアの仕組みを学習してみよう!

  • 現在日本の新幹線の最高速度は東北新幹線の時速320kmです。ところがそれよりも速く地上を走る乗り物が実はあるのですよ。それがリニアモーターカーです。平成39年(2027年)の営業運転開始を目指しており、現在は山梨県内で試験走行を繰り返しています。そんなリニアモーターカーを間近で見ることができる場所が山梨県立リニア見学センターです。

    山梨県立リニア見学センターとは

    山梨県立リニア見学センターはリニアモーターカーが試験走行する様子を間近に見学したり、リニアの仕組みを学習したりすることができる施設です。 センターはどきどきリニア館わくわくやまなし館で構成されており、どきどきリニア館はリニアの見学と学習の施設で、わくわくやまなし館が山梨県の観光・物産案内とリニアを見ることができる展望室があります。

    山梨県立リニア見学センターへの行き方

    山梨県立リニア見学センターは山梨県都留市にあります。 ・車でのアクセス 中央自動車道の大月インターチェンジ、または都留インターチェンジから約15分の距離です。 ・高速バスでのアクセス 新宿と富士五湖を結ぶ富士急バスの中央道小形山バス停で下車後徒歩15分程です。 ・電車でのアクセス 中央本線大月駅で下車後、富士急山梨バスに乗車して県立リニア見学センターバス停で下車。

山梨県立リニア見学センターとは

  • または富士急大月線の谷村町駅、都留市駅、壬生駅、田野倉駅からも富士急山梨バスでアクセスすることができます。ただし、バスの本数は非常に少ないのでご注意ください。壬生駅からは徒歩で20分程ですので、のんびり歩いていくという選択肢もあります。

  • 上記のアクセスについての詳細はこちらから。 →アクセス|山梨県立リニア見学センター

    どきどきリニア館の入場料

    それではリニア見学センターに入ってみることにしましょう。どきどきリニア館は有料の施設です。一般・大学生が420円、高校生が310円、中学生・小学生が200円となっています。また、20名以上での団体割引制度もあります。

  • どきどきリニア館の館内設備

    ・試験車両(MLX01-2)の展示

     

  • この車両は中に入ることもできます。

  • 座席は新幹線っぽくもありますね。

  • 座ることはできませんが、この窓の外に流れる時速500kmの景色を想像してみました。

  • 2階からは車両を上から見下ろすこともできます。ここからの眺めはかなりかっこいいですよ。

  • ・リニア開発の歴史

    昭和37年(1962年)からリニア開発の研究が始まったということに驚かされます。

  • ・ミニリニア

    こんな小さなリニアでもちゃんと磁気浮上走行をします。ぜひ親子で楽しんでください

<< 前の記事:【駅弁レビュー】「八ヶ岳名物 高原野菜とカツの弁当」

次の記事:【駅弁レビュー】「えび千両ちらし」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター