railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

オレンジ色の201系がもうすぐ消滅か? 大阪環状線・ゆめ咲線(桜島線)の201系から

  • 2017年10月にJR大阪環状線・ゆめ咲線(桜島線)から103系が撤退しましたが、今度は201系の撤退が近づいています。大阪環状線・ゆめ咲線から201系が撤退となると、オレンジ色の201系が消滅することが予想されます。今回は惜別の念をこめて、大阪環状線・ゆめ咲線の201系を紹介します。

    201系は103系の後継車として、1979年に試作車が登場しました。中央線での長期試験の後、1981年から量産を開始。中央線を皮切りに中央・総武緩行線、東海道・山陽本線(京阪神緩行線)に導入されました。

    そもそも201系とは

    201系は車内外共に当時の新技術を取り入れた車両です。外装は103系をベースにしながらも、前面は左右非対称のデザインを採用。前面の黒いパネルも話題になりました。内装では座席色が寒色系から暖色系に切り替えたことが特徴です。なお、その後の更新により座席色は変更されています。機器面では電機子チョッパと回生ブレーキを採用。従来の車両と比べると、エネルギー消費量が減少したことから「省エネ電車」という愛称が付けられました。

    長年にわたり関東と関西で活躍しましたが、関東では2011年に運用が終了しました。

大阪環状線の201系の元色は青色?

  • 大阪環状線・ゆめ咲線の201系は写真のとおりオレンジ色です。関東の方ですと中央線を思い浮かべるでしょう。大阪環状線の201系は中央線から転属したもの、と思われがちですが、そうではありません

  • 実は東海道・山陽本線で走っていた青色の201系を大阪環状線に転属させたのです。活躍する路線が変われば、車体の色も路線に合わせる。このポリシーは現在の通勤型電車でも貫かれています。

  • 私は大阪駅から17時06分発、ゆめ咲線直通の桜島行きに乗りました。ゆめ咲線直通列車にも次々と323系が就いています。そのため、201系に出会うのに20分ほどホームで待ちました。ホームには201系を撮影する鉄道ファンを見かけました。これから、オレンジ色の201系に別れを告げる鉄道ファンが多くなるでしょう。

  • ゆめ咲線に入ると、USJラッピング車の201系とすれ違いました。きっと、鉄道ファン以外の方はUSJラッピング車に注目するのでしょう。201系が大阪環状線・ゆめ咲線から撤退すると、323系のUSJラッピング車が誕生するのでしょうか。

    ところで、201系のモーター車に乗ると加速時に「キーン」という不思議な音が聞こえます。この音は電機子チョッパの動作音です。201系に限らず、電機子チョッパを採用している車両は多かれ少なかれ、このような不思議な音が聞けます。

大きくリニューアルされているオレンジ色の201系

  • 登場から30年以上が経過している201系ですが、車内は大きくリニューアルされています。化粧板(車内の壁)はJR西日本の新車と同じものを採用。座席は寒色系に変更されています。また、窓も大きなものになっており、スッキリとしています。

  • とは言っても、国鉄型車両を思い出させる箇所もあります。それが、こちらのステンレス製の扉。国鉄時代は当たり前のように見られましたが、JR西日本の新車ではあまり採用されていません。ただし、103系とは異なり太い黒ゴムは用いられていません。

  • 方向幕はLEDに変更されています。側面部分だけ見ると、とても30年選手の車両には思えませんね。夕日のせいか、より一層、オレンジ色が映えていました。

オレンジ色の201系に乗るコツ

  • まず、オレンジ色の201系に乗りたいからといって、JR西日本への問い合わせはやめておきましょう。そのような電話が続くと、運行に支障をきたします。2018年2月現在、森ノ宮支社所属の201系は次々と奈良に転属されています。狙い目は朝・夕のゆめ咲線直通桜島行きです。一方、昼間の大阪環状線周回運用は323系がメインになっており、201系が見られるチャンスはあまり高くありません。

    もうひとつは「乗車位置」です。大阪環状線・ゆめ咲線の電光掲示板には乗車位置を示す「○印」「△印」が表示されます。「○印」が出たら100%201系です! 201系に乗車したい場合は、電光掲示板に「○印」が出るまで待ちましょう。

    というわけで、よい「鉄分」を!

    ライター:新田浩之

<< 前の記事:【駅弁レビュー】「米沢名物 牛丼弁当 牛肉どまん中」

次の記事:阪急は新駅、JR総持寺駅に勝てるのか? >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター