railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「氏家かきめし」

厚岸の名物がゴロゴロ! 誰もが納得する名物弁当!

  • 名称:「氏家かきめし」

    価格:1,080円(税込)

    販売駅:厚岸駅 東京駅 新宿駅など

    入手場所:新宿駅「駅弁屋 頂」

    販売元:有限会社 氏家待合所OS

     

    項目

    内容

    ジャンル:

    魚介系

    味の濃さ:薄ーーー◆ー濃
    甘辛度:甘◆ーーーー辛
    全体量:少ーー◆ーー多
    飽きにくさ:飽ーー◆ーー良
    コスパ:悪ーーー◆ー良
  • 厚岸の名物といえば、「カキ」を思い浮かべる人は多いだろう。厚岸町のウェブサイトをみると、北海道内でも有数の水揚げ量とある。その厚岸の水揚げ(平成19年)だが、4位はアサリ、5位はカキ、6位はツブとなっており、それらを贅沢に使っているのが、この弁当である。

     

    緑色の掛け紙に「かきめし」という文字が印象的だ。正直なところあまり食欲をそそられるデザインではないし、色のセンスも微妙ではある。おそらく、この弁当を知らない人であれば手に取りにくいデザインといえるだろう。しかし、この弁当を一度でも食べたことがある人であれば、この緑色の掛け紙を探してしまうだけの魅力を持っているのである。

     

    外装箱は、プラ容器製でその上に掛け紙が輪ゴムで止められている。

実はいろいろなバージョンがあるという噂が…

  • 「氏家かきめし」は、全国にファンが多く「駅弁大会で売っているのを見つけたら迷わず購入」という人も多い。

    厚岸駅前の実店舗は、1917年に根室本線厚岸駅前に開業したとのことで、創業は100年を超える老舗だ。

    「氏家かきめし」は、その三代目の氏家氏が考案し、今に至っているそう。

    実店舗では、大量生産できないため、委託工場による生産をしているという噂がある。これが事実かは不明のため、言及することは避ける。

     

    今回、レビューを記載するにあたり、筆者が手にしたものは「有限会社 氏家待合所OS」が製造したものであることを付け加えておく。

では、さっそく外観からみていこう。

  • パッケージ左側面は、掛け紙の模様のみだ。右側面には、原材料名が記載されている。

    原材料は少々、添加物が多すぎる印象だ。気になる人はいるだろう。おそらく「福神漬」と「沢庵」に使われているものだと思われる。

     

    ~原材料名~

    ひじき入り炊込みご飯(国産米使用)、かき煮、沢庵、あさり煮、つぶ貝煮、椎茸煮、ふき煮、福神漬、刻み海苔、ph調整剤、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、赤102、赤106、黄4、黄5、クチナシ)、グリシン、トレハロース、甘味料(スクラロース、ステビア、天草)、酒精、酸味料、酸化防止剤(V.C)、香料、保存料(ソルビン酸K)、増粘多糖類、乳酸Ca、(原材料の一部に小麦、大豆、ごまを含む)

  • 向こう正面および手前側はプラ容器むき出しである。

では、大きさをみていこう。

  • 重さは実測値で348gだ。

  • 350ml缶との大きさ比較である。弁当の縦幅は20cm、横幅は12.3cm、高さは3.8cmほどだ。割と小ぶりなので列車の小さなテーブルでも問題なく食べることができるだろう。

  • 外装写真と付属品類の写真である。掛け紙を外すと、箸が輪ゴムで止められている。

  • 箸袋は紙製だ。割り箸の長さは16.5cmと少々短く使いづらい。ちなみにこの弁当には、おしぼりがついていない。

では、弁当の中身を見ていこう!

  • 蓋を開けると醤油と磯の香りが漂う。のり弁などに共通する香りで食欲をそそる。とても良い香りだ。

     

    中央にドーンと構える「カキ」は、時間をかけて煮ているようだが、それでもこれだけの大きさを保っている。元は、たいそう立派な「カキ」であることが推測できる。

    ご飯には、刻み海苔がパラパラとふりかけられ、「カキ」を中心に4方向に「つぶ貝」「あさり」「ふき」「しいたけ」が申し訳ない程度に盛り付けられている。そして、折詰の隅にバランで仕切られた「沢庵」。そして、フィルムケースに収められた「福神漬」という構成だ。弁当全体が茶色で構成されているため、バランを含めた「信号色」が何とも鮮やかだ。

  • じっくり煮こまれた貝類が食欲を刺激する。アクセントとなる漬物の色が素晴らしい!

<< 前の記事:【駅弁レビュー】「極撰炭火焼き牛たん弁当」

次の記事:【駅弁レビュー】「黒毛和牛すきやき牛肉重」 >>

フェイスブック
ページトップ
ツイッター