railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

さようなら大阪市営地下鉄! 消滅が予想されるサインを追う

  • 2018年4月1日、大阪市営交通事業が民営化され、地下鉄とニュートラムは「大阪市高速電気軌道株式会社」に、バスは「大阪シティバス株式会社」に業務が承継されます。ただし「民営化」といっても、民間出資はゼロなので完全な「民営化」とは言い難い側面はあります。とは言っても、民営化により大きな変化があるのは間違いなし! そこで、今回は消滅が予想されるサインを追って、大阪市営地下鉄をレポートしたいと思います。

    まずは車両面から。4月1日に民営化されますが、車両が大きく変わることはありません。ただし、車両に付いてあるサインが変わることは予想できます。

  • それが、大阪市営地下鉄のシンボルである「マルコマーク」です。マルコマークの歴史は長く、考案されたのは1933年です。大阪の「O」と高速鉄道の「コ」を組み合わせた至ってシンプルなもの。シンプルで飽きがこないデザインだからこそ、長らく使われてきたのでしょう。なお民営化に伴い、地下鉄の愛称は「大阪メトロ」になり、新たなサインが発表されています。

  • 撮影を続けていると、21系天王寺行きが滑り込んできました。21系についてある「VVVF 20SERIES CAR」のサインは消えるのでしょうか。筆者は「消える」と予想し、カメラに収めました。

  • 当然のことながら、大阪市交通局の局章は消える・・・と思いきや、民営化後の新制服に採用されるとのこと。車両の方もそのまま残るかもしれません。

  • 御堂筋線に乗り入れている北大阪急行8000系が入線しました。北大阪急行は大阪市交通局とは別物なので、塗装変更はないでしょう。ただし、8000系は廃車が進んでいるので、「大阪メトロ」と8000系とのショットは貴重なものになるでしょう。

  • ここからは駅にある「サイン」を見ていきます。こちらは西中島南方駅の入口にある駅名板。地下鉄車両の中には「マルコマーク」があります。従来、サインの色は線のカラーに合わせてきましたが、近年は「青色」が多いような気がします。そういえば「大阪メトロ」の新サインの色も青色。今後、青色のサインが増えるのでしょうか。

    券売機の上にはマルコマークとニュートラムを表すマークがありました。ニュートラムのマークも民営化に伴い、消えることでしょう。

  • 大阪の中心地、本町駅です。本町駅は御堂筋線、四つ橋線、中央線の接続駅。そのため、多くの駅サインを見かけることができます。こちらは地上にあった地下鉄のサイン。御堂筋線は赤、中央線は緑です。とてもわかりやすいですね。

  • 一方、マルコマークに「地下鉄」と書かれたレトロな看板も。こちらの看板は取り替えられることが予想されます。この「地下鉄」の字体が昭和チックでいい味を出してますね。

  • 大阪メトロのサインに近い青色がベースの看板も見つけました。マルコマークを抜いた上で使われるのでしょうか。いろいろ考えながら撮ると、なかなか楽しいですよ。

  • さて、サイン以外にも取り替えが予想されるものがあります。それが、こちらの時刻表。大阪市営地下鉄の時刻表は少しレトロなもの。数字が小さいので、少し見づらいです。

<< 前の記事:もしかすると本家より豪華かも? 能勢電鉄7200系デビュー

次の記事:【駅弁レビュー】「シウマイ弁当」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター