railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「八ヶ岳名物 高原野菜とカツの弁当」

1970年の発売以降、現在まで続くベストセラー! 生野菜嫌いでも好きになる!?

  • 名称:「八ヶ岳名物 高原野菜とカツの弁当」

    価格:1,000円(税込)

    販売駅:中央本線 小淵沢駅

    入手場所:京王百貨店新宿店の駅弁大会による実演販売

    販売元:株式会社 丸政

     

    項目

    内容

    ジャンル:野菜系
    味の濃さ:薄ー◆ーーー濃
    甘辛度:甘ーー◆ーー辛
    全体量:少ーーー◆ー多
    飽きにくさ:飽ーーーー◆良
    コスパ:悪ーーーー◆良
  • 1970年の発売以降、現在まで変わらずに愛され続けている、この駅弁は2011年まではJR新宿駅でも販売していたというが、現在は中央本線の小淵沢駅でのみ販売されている。

    パッケージは紙製で環境にやさしい。パッケージ上面に記載された「おかげさまで丸政創業100年」というキャッチには、長い歴史に裏付けされた安心感がある。弁当名のフォントもイラストレータが手書きしたような味わいがありマニア心をくすぐる。「カツ」とあるが“とんかつ”ではなく“チキンカツ”である。メインイラストの八ヶ岳が何ともいい味を醸し出している。深々とした緑に青い空は、まさに誰もが思い描く「ザ・八ヶ岳」だ。

では、さっそく外観からみていこう。

  • パッケージ向こう正面は英字表記、手前側は日本語表記である。

  • 左側面と右側面は日本語表記になっている。

  • 重さは684g、横幅は24cmと程よいサイズ感だ。

  • 奥行は15.5cm、高さは4cm。とてもいい。

では、開けてみよう

  • 蓋をあけるとこのような感じである。ご飯とおかずの上には透明フィルムが敷かれており、その上に箸とソース一式セットが乗っている。

  • ソース一式セット。ビニールチャック付きの袋内には、紙ナプキンまでセットされている。「味なお塩」「ウスターソース」「キューピーレインボードレッシング」「マスタード」が入っている。ソース類をかけたあとは、ゴミ類をビニールチャックに封入することでソース類の飛び散り等を防ぎシンプルにまとめられるという配慮が素晴らしい。

  • 箸袋は紙製で、中には箸とつまようじが入っている。箸の長さは20cmで手が大きな方でもそれなりに使いやすい。妙な割れ方やササクレが出にくい箸である点も良い。

では、食材をみていこう

  • まずは、白米だ。全体写真でみると飯の量が少な目に感じるが、実測値で258gほどあり十分な量である。お茶碗の中~大サイズで1膳半ぐらいの量だ。

    炊き加減も絶妙で米の質も良い。冷や飯ながらも噛むたびに甘味を感じられる。飯に添付の塩を少量かけると塩にぎりのような素朴な味わいを楽しむことができる。この食べ方はおすすめだ。

  • そして「チキンカツ」だ。5cm四方程度の大きさのものが3枚入っており107gほどだ。断面カット写真のとおり、肉厚も十分で衣と肉のバランスも良い。パン粉は細目を使っており優しい仕上がりだ。特質すべきなのは、時間が経過しても衣がドロドロにはなっていないことだ。ソースをかけない部分についてはカリカリ感すら残っている。そっと噛むと口の中に鶏肉本来の香りや旨味が広がり、肉々さとジューシーさを堪能することができる。

     

    最初に3枚のチキンカツにソースをドバっとかけるのではなく、1枚目は塩で食し、シンプルに鶏の旨味を楽しんでもらいたい。2枚目はウスターソースをかけて食そう。この「ウスターソース」が絶品だ。甘さ控えめで辛めの味付け。このソースはチキンカツとの相性が極めてよい。3枚目は好みに応じて。その際マスタード少量をつけて、鼻から抜けるマスタードの心地よい香りを楽しんでもらいたい。

<< 前の記事:【岡安レポート】観光列車を旅行中テツ旅

次の記事:山梨県立リニア見学センターでリニアモータカーが試験走行している様子を見学したり、リニアの仕組みを学習してみよう! >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター