railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【鉄道撮影紀行】「SL 冬の湿原号」を撮影&乗車で堪能!

いざ、北の大地へ!

  • 今回の舞台は、JR北海道の釧網本線、釧路駅~標茶(しべちゃ)駅間を運行している『SL 冬の湿原号』。

     

    その名の通り、毎年1月下旬~2月下旬の厳寒期にのみ運転する季節列車です。SLファンの筆者としては、乗るのはもちろん、外からもその雄姿を撮影したい!

    ということで、一日目は撮り鉄、二日目は乗り鉄というスケジュールを組みました。

     

    まずは、羽田空港の展望台より、朝焼けの滑走路を撮影。

    一日目は、羽田空港から釧路行き7時45分発の飛行機に搭乗。釧路空港へは9時15分に到着し、荷物受取・バス移動等の時間を挟み、釧路駅到着は10時30分になりました。

釧路駅到着!

  • 既に釧路駅には、SL・C11が到着しており、大勢の方が写真を撮っていました。

    筆者は、タクシーを予約していたため、釧路駅前のタクシー乗り場から、SLより一足先に出発。まずは釧路駅にほど近い有名撮影スポット、釧路川鉄橋へ向かいました。

いざ、撮影スポットへ!

  • さすが有名撮影スポットなだけあって、既に20名以上の方がカメラをセットしていました。

    筆者も撮影準備を終え、あとはSLの到着を待つだけ。

    ところが、釧路駅出発時間を5分過ぎた11時10分になっても出発時に発する汽笛の音は聞こえない…。

    まさかのSL故障かと不安になっていたところ、11時14分にようやく汽笛が声聞こえて一安心。

ついにその時が…

  • 待っていました、この瞬間!

    ここぞとばかりに連続でシャッターを切りまくります。

  • この写真は、SLの接近でカモメが欄干から飛び立ったところを写したものです。海が近いことを感じさせる貴重な1枚となりました。

     

    なお、有名撮影スポットの釧路川鉄橋ですが、カメラをセットした場所は、雪が15cm以上積もっていました。

    冬の北海道を侮っていた筆者は、スニーカーのみの軽装。撮影中、近くの広場で待機してもらっていたタクシーの運転手さんが、見かねて長靴を貸してくれました。温かいご配慮に感謝!

無念…

  • SL通過後は、そのまま釧網本線に沿って北上し、SLとしばし併走。その後、塘路(とうろ)駅~茅沼(かやぬま)駅間にある「二本松展望台」へ。

     

    しかし、現地に到着すると、そこはかなりの森の中。しかも20cm以上の積雪という、想定以上に厳しい状況。

    いざ進んではみたものの、途中の坂道を下って行く際、派手に転んで背中を強打。これ以上進むのは危険と判断し、来た道を引き返すことに…。

     

    その戻り道、何とか撮影したのが、SLをはるか彼方に望む上の写真です。

再び無念…

  • 筆者はタクシーに戻り、終点に近い五十石(ごじっこく)駅付近からの撮影を決定。

    写真のシラルトロコ沼(冬季は全面凍結)を横目に、急いで運転してもらったのですが、五十石駅に着いた時、列車は3分前に過ぎ去ってしまっていました…。

     

    結局、満足な撮影ができたのは、釧路川鉄橋のみ。冬の北海道内の移動は、思った以上にハードです。

    筆者がおすすめする撮影コースとしては、

     

    1) 釧路川鉄橋→釧網本線併走→茅沼駅付近(車を利用)

    2) 釧路川鉄橋→釧網本線併走→五十石駅付近(車を利用)

    3) 釧路湿原駅付近(鉄道もしくは車を利用)

     

    上記のいずれかでしょうか。

     

    なお、釧路~標茶間のタクシー代は、15,000円ほどかかりました。この金額は次回の教訓にします(涙)

標茶駅到着!

  • 12時35分、SLは既に終着駅の標茶駅に到着していました。

    標茶駅では、釧路駅への復路に備えての整備や客車の移動のため、SLが駅構内を何度も行き来します。そのため、プラットホームから色々な写真を撮ることができます。

  • 標茶駅到着後、整備場へ向かうSL・C11。

    動輪周りに吹き上がる白煙は、SLのドレイン(蒸気圧を下げるために排出する蒸気)か、はたまた舞い上がる粉雪か。

  • 車両の整備に加え、石炭と水を補給。

    モノクロで撮れば、それは昭和の風景そのもの。

バック運転!

  • 標茶駅にはターンテーブル(転車台)がありません。そのため、復路の標茶駅~釧路駅間はバックでの運転となります。

    (C11は現役当時、駅構内の客車・貨車の入れ替え用としても活躍しており、バック運転もさほど珍しいものではありませんでした)

<< 前の記事:【トレインビュールーム】名古屋JRゲートタワーホテル

次の記事:【駅弁レビュー】「極撰炭火焼き牛たん弁当」 >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター