railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

【駅弁レビュー】「黒毛和牛すきやき牛肉重」

もう一つの米沢駅名物! 東京駅「駅弁屋 祭」でも1・2位を争う有名駅弁

  • 名称:「黒毛和牛すきやき牛肉重」

    価格:1,150円(税込)

    販売駅:米沢駅 東京駅 など

    入手場所:東京駅「駅弁屋 祭」

    販売元:株式会社 松川弁当店

     

    項目

    内容

    ジャンル:

    肉系

    味の濃さ:薄ーーー◆ー濃
    甘辛度:甘◆ーーーー辛
    全体量:少ーー◆ーー多
    飽きにくさ:飽ーー◆ーー良
    コスパ:悪ーーー◆ー良
  • 米沢駅の駅弁といえば、大人気の「新杵屋」が販売する「牛肉どまん中」を思い浮かべる人も多いだろう。しかし、この「牛肉重」を製造・販売している「松川弁当店」は「新杵屋」よりも更に歴史が深い老舗の弁当屋だ。

     

    昨今「牛肉どまん中」ばかりがもてはやされ、陰に隠れがちだがこちらの弁当を押すファンも多い。

     

    黒い掛け紙に赤文字の「牛肉重」というデザインが強烈なインパクトだ。黒に赤文字の組み合わせは、本当にうまそうに見える。更にここまで大きな文字で「牛肉」を謳われると、他の弁当が霞んで見え、思わず手に取ってしまいたくなる弁当である。

    外装箱は、プラ容器製でその上に掛け紙がおしゃれな輪ゴムで止められている。

さっそく外観からみていこう。

  • パッケージ左側面は、掛け紙の黒い部分である。

  • 右側面には、原材料名が記載されている。

     

    ~原材料名~

    ご飯(山形県産米)、牛肉煮(牛肉、玉葱、醤油、その他)、蒟蒻煮、玉子焼、赤かぶ酢漬け、酢の物(切干大根、砂糖、ゆず皮、その他)、ごま、トレハロース、グリシン、加工デンプン、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、甘味料(天草)、着色料(カラメル、カロチン)、水酸化Ca、乳化剤、(原材料の一部に卵、小麦、牛肉、ごま、大豆、ゼラチンを含む)

  • 向こう正面および手前側はプラ容器むき出しである。

では、大きさをみていこう!

  • 重さは実測値で375gだ。

  • 缶ビールとの大きさ比較である。縦幅は21cm、横幅は11cm、高さ5cmほどとなっている。

    割と小ぶりなサイズ感なので列車の小さなテーブルでも問題なく食べることができる。

    ※ギネスは通常の350ml缶よりも1cmほど背が高いことをお断りしておく。

付属品類をチェック!

  • 掛け紙はゴムで止められており、ゴムを取るとプラ蓋の上に箸が乗っている。

  • 箸袋は紙製でつまようじ入りだ。割り箸の長さは17.8cm程度で不自由はないが、気持ち短く感じる。外で食べることが前提の駅弁である。おてふきをつけて欲しい。

  • 掛け紙にはこんな記載がある。実に美味そうだ。

     

    -------------------------------------------

    強火でさっと焼き上げた牛肉を「たまり醤油」で、じっくりと

    甘辛く煮込み玉ねぎを合わせ、ふっくら炊き上げたご飯の上に

    盛りつけた米沢・松川弁当店の牛肉重をご賞味ください!

    -------------------------------------------

  • プラ蓋を外すと「牛肉煮」にフィルムが被せてある。肉を乾かせないためのものと思われる。

    フィルムを剥がすと、甘辛い醤油の香りが幸せな気分にさせてくれる。いつまでも嗅いでいたくなる香りだ。

    構成は、弁当名のとおり、白飯の上に「すきやき」が乗せてあるシンプルなものである。

     

    「牛肉煮」の上には大きな玉ねぎがいくつかあしらってあり、その上に白ごまが散らされている。

    付け合わせには「玉子焼」、フィルムケースに収められた「酢の物」、酢の物の上に乗った「赤かぶ酢漬」が2枚、そして「蒟蒻煮」という構成だ。

  • 飴色に煮てある玉ねぎがいい! 色の構成も申し分ない!

  • 写真のとおり、弁当容器のおかず部分は底上げ(飯部分の半分程度の高さ)されており、見た目よりもおかずは少ない。

では、それぞれの具材等をみていこう

  • まずは、メインの「牛肉煮」である。実測値で63g程だ。玉ねぎは6切ほど入っている。肉は硬い部位と柔らかい部位が混じっており、食べている中でさまざまな変化球が味わえる。そして、これが飽きにくくする効果に一役買っている。

    この「牛肉煮」は、甘辛醤油の味が良くしみており、その味は、濃すぎず、甘すぎず絶妙なバランスに仕上がっているのである。

    たまねぎは、半煮え加減で歯ごたえを残しており、ゴリゴリシャキシャキと音がする。牛肉を食べ進める中で玉ねぎが口に混じると食感に変化が加わり、心地よいリズムで食が進んでいく。その途中で「赤かぶ酢漬け」などのおかずを挟むと更に味に変化がうまれ、奥深い味になる。食べ終わると口のまわりはリップグロスを塗ったように油分がつく。とにかく牛肉がとてもジューシーなのだ。

<< 前の記事:【駅弁レビュー】「氏家かきめし」

次の記事:大人気ヘッドマーク弁当シリーズ 「ひたち」編 >>

フェイスブック
ページトップ
ツイッター