railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会(只今準備中)してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。

もしかすると本家より豪華かも? 能勢電鉄7200系デビュー

  • 2018年3月19日、能勢電鉄に新たな車両がデビューしました。それが阪急7000系(先頭車2両)と阪急6000系(中間車2両)を改造した能勢電鉄7200系です。今回は7200系の魅力をたっぷりとお伝えします。

    まずは外観をチェックしましょう。パッと見ると、阪急時代から変わっていないように見えます。しかし、よーく見るとマルーン色とアイボリーの間に能勢電鉄「らしさ」を表すゴールドラインが加えられています。このゴールドラインは能勢電鉄の「プライド」と映るのは私だけでしょうか。

  • 7200系の前面にはおしゃれなヘッドマークが取り付けられていました。「Nice to meet you」というメッセージがなんとも粋ですね。なお、7200系は能勢電鉄線内で使われる予定。阪急梅田と日生中央を結ぶ「特急日生エクスプレス」では運行されません。

  • 側面方向幕はLEDに取り替えられています。日本語・英語の順に変わるので、外国人観光客も安心して能勢電鉄に乗ることができます。

  • 側面はこのような感じ。種車は1980年代後半に製造されましたが、年数を感じさせない美しさが特徴です。なお窓下に見える模様は能勢電鉄の社紋です。

  • 運転室扉の上部はこのように上下に切り返されています。鉄道模型で表現するには少し難しいかもしれません。

  • 運転室扉の横には「N7200」と書かれたロゴが。7200系に対する意気込みがダイレクトに伝わってきます。

  • 次に車内を見ていきます。基本的に車内は阪急時代のものを踏襲。木目調にゴールデンオリーブ(優先座席はワインレッド)の組み合わせは変わっていません。しかし、随所に能勢電鉄らしさが見られます。

  • たとえば、こちらの大型の座席仕切り。能勢電鉄は山間部を走るため、ドアが開くとヒンヤリとした空気が入ってきます。この大型仕切りのおかげで、ヒンヤリした空気から身を守ってくれます。なお、大型仕切り外側にはブナやケヤキをアレンジしたイラストが施されています。

  • 大型仕切り内側には丁寧にゴールデンオリーブのモケットが取り付けられています。この触り心地がなんとも言えません。

  • 能勢電鉄沿線は妙見山などの観光スポットに恵まれています。そのため、大型の車内案内情報装置が取り付けられました。こちらは外国語にも対応しています。

<< 前の記事:外見だけでなく音にも注目したい古豪、能勢電鉄1700系(元阪急2000系)

次の記事:さようなら大阪市営地下鉄! 消滅が予想されるサインを追う >>


「鉄レポ」トップページに戻る(ブラウザー「戻る」ボタンでは戻れません。)

フェイスブック
ページトップ
ツイッター